針脱毛の仕組みと種類

針脱毛の仕組みと種類を知っていますか?

あまり最近では行われていない方法ですが紹介しておきましょう。

昔は主流だったニードル脱毛

針脱毛は、ニードル脱毛と呼ばれています。いまはレーザー脱毛が永久脱毛の主流であり、脱毛の方法としても主流になっていますが、以前は脱毛といえば針脱毛でした。針脱毛の方法は、毛穴一つ一つに細い針をさします。そして1本1本の毛に電流を流して毛根を破壊するという方法で脱毛を行っていました。

針脱毛の種類

針脱毛の種類は、主に使われる針の種類によっても分類することができます。例えばチタンで出来ている針を使用することもあれば、ゴールドで作られた針を使うこともあります。金属アレルギーのある人でも、チタンやゴールドならアレルギー反応を起こさずに受けることができます。

トラブルはないの

針脱毛はトラブルがないのか、結論から言えばたくさんあります。針を1本1本の毛穴に挿しますので、痛みがとても強いです。そして針が直に皮膚に触れますので、色素沈着の恐れもありますし、シミややけどになる恐れもあり、炎症につながることもあります。

確実に脱毛を行うことができる針脱毛ではありますが、痛みやトラブルの多さを考えると今はあまり行われていないのが現状です。