光脱毛の仕組み

これからサロンで脱毛を受ける人は知っておいたほうがいい知識が色々とあります。

例えば、光脱毛の仕組みもしっておいたほうがいいでしょう。

光脱毛はどんな仕組み?

光脱毛で使われている光というのは可視光線と言われる光です。光を当てて黒いものに反応させること、つまりメラニン色素に反応させることによってその部分を焼いていることになります。黒い部分だけに反応するので、光を当てればそれだけで毛根と言われるメラニン色素が豊富にある部分の毛乳頭まで光が届き、毛が生えてこないように細胞を死滅させることができるのです。

光を当てたあとは

光を照射してからは、毛根まで光が届き、数日後に自然に抜けていきます。そして何度も当てていくうちに、生えてこなくなるというのが仕組みです。黒いものに光脱毛の光は反応しますので、毛が長いままの状態で受けると痛みを感じるために、光脱毛を受ける前はムダ毛を処理しておく必要があります。黒い部分だけに反応するので、周辺の皮膚がやけどしたりすることはありませんから、安心して受けることが出来るのが特徴です。

光脱毛による脱毛の仕組みを知っておくことで、より効果的に脱毛を受けて効果をしっかり得られるといいですね。